【ポケモン】アシレーヌの魅力を語る!【ソードシールド】

こんにちは、しゃけあいすです。

アシレーヌ、かわいいですよね。

今回は表題にもあります通り、アシレーヌについて、主にソードシールドの対戦においての使用感を語っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アシレーヌについて

最近のポケットモンスター「ソード・シールド」(以後剣盾と呼称)のアップデートにて、アローラ御三家がとうとう解禁となりました!

その中でも私の一番のお気に入りである「アシレーヌ」について、実際にランクマッチにて毎戦使用し、マスターボール級まで昇格できましたので、使用感や型をお伝えしたいと思います。

所謂、アシレーヌの育成論となります。

 

なお、私自身ポケットモンスターの対戦は、今作「ソード・シールド」が初めてとなります。

今までやってきたポケモンシリーズは赤・緑・金・銀・USUM…と、実はそれほどポケモンだいすき!…というわけではありませんでした。

しかし…、剣盾にてポケモンというコンテンツにダダハマり

ストーリーやキャラ・ポケモンはもちろん、対戦の魅力にも取り憑かれてしまいました。

ですので、まだまだポケットモンスターについては初心者ですので、何卒お手柔らかに…。

では早速、私が対戦で使用しているアシレーヌについてご紹介いたします。

※以下では、 HP=H、こうげき=A、ぼうぎょ=B、とくこう=C、とくぼう=D、すばやさ=S などの略称を使います。

  

 

アシレーヌの型

性格 … ひかえめ

特性 … げきりゅう

個体値 … HABCDSすべて「さいこう」

努力値配分 … HP:220 防御:4 特攻:252 特防:4 素早:28

もちもの … とつげきチョッキ

技構成 … うたかたのアリア / ムーンフォース / アクアジェット / エナジーボール

 

アシレーヌはみず/フェアリーという優秀な耐性を持ち、やや鈍足で、特攻と特防が高い、優秀な特殊アタッカーです。

私が使うアシレーヌは、特殊高火力にて、小細工なしに敵と真正面から戦っていくスタイルを取ります。

 

性格について:

特攻が上がる性格ならば何でも良いと思います。

私の場合、ひかえめ(特攻↑攻撃↓)にしています。おしとやかなアシレーヌ…?かわいい!

特性について:

夢特性である、音技がみずタイプとなる「うるおいボイス」であることに特に利点を感じなかったため「げきりゅう」といたしました。

「げきりゅう」は、HPが1/3になった時に、みず技の威力が1.5倍になるという、シンプルな強さとなります。

今回持たせている「とつげきチョッキ」と多少のシナジーがあると考えました。

個体値について:

特殊アタッカーですが、物理技である「アクアジェット」も使用するため、妥協なしの6Vか王冠を使用してください。

努力値について:

C:全振り H:8n-1 S:バンギラスを抜けるのを抜く BとD:あまり

(ポケ徹様の育成論をお借りしました。正直、まだ自分で努力値の細かい割り振りを考えるのは難しいです…)

もちものについて:

いろいろな持ち物が考えられましたが、今回はアシレーヌにとつげきチョッキを着させます。

所謂チョッキアシレーヌですね!

ただでさえ硬めな特殊耐久力という長所を、更に伸ばす形です。

また、下記にも記しますが、ラプラス対面・トゲキッス対面も視野に入れているためです。

技構成について:

ムーンフォース(フェアリー)…アシレーヌの主力技、外す理由が無いですね!

うたかたのアリア(みず)…みがわりを貫通し、なおかつ威力も高く、使い勝手の良い技です。

アクアジェット(みず)…先制技です。特殊型のため、威力はかなり微妙な感じですが、雨下だと意外な威力となります。タスキなどでミリ残しした相手に。

エナジーボール(くさ)…個人的には肝となる技です。アシレーヌにはエナジーボール、これ流行ります。最近流行りのラプラスをはじめ、ヌオー・トリトドンを見ることができます。

 

 

パーティ構成

このアシレーヌを使用したパーティは、以下の通りとなります。

サザンドラ/ふゆう/C252・S252@こだわりスカーフ(だいもんじ/りゅうせいぐん/あくのはどう/とんぼがえり):

性格はおくびょうの最速サザンドラです。

主にドラパルトやその他ドラゴンタイプに対して選出していきます。だいもんじを覚えていますので、ナットレイやアーマーガアに対しての打点にもなります。

体感選出率4位。

アーマーガア/ミラーコート/H252・B252@たべのこし(ボディプレス/てっぺき/ちょうはつ/はねやすめ):

性格はわんぱくのゴリゴリの物理受けです。

最近(2020年3月現在)すごく流行っているカビゴンや、ギャラドスへの対抗策がどうしても思い浮かばず、この子を採用しています。

唯一の攻撃技がかくとうタイプなので、ミミッキュとドラパルトに文字通り手も足も出ないのが難点です。

体感選出率3位。

シャンデラ/すりぬけ/H188・B36・C252・D28・S4@いのちのたま(かえんほうしゃ/サイコキネシス/シャドーボール/エナジーボール):

性格はひかえめの超火力・微耐久シャンデラです。ポケ徹様の育成論をお借りしましたが、正直あまり活躍させてあげられていません。火力はピカイチなのですが…。

特性はオーロラベールまたはキョダイセンリツを重く見るならばすりぬけ、もしくはアーマーガアへの炎技読みでもらいび、どちらでもいいと思います。

体感選出率6位。

トゲキッス/てんのめぐみ/C252・S252@じゃくてんほけん(エアスラッシュ/マジカルシャイン/かえんほうしゃ/わるだくみ):

性格はひかえめの所謂じゃくてんほけんテンプレ型です。

アシレーヌを入れるまでは私のパーティの主力を張り、大活躍してもらいましたが、今はあまり選出できていません。

ですが、今も変わらずダイジェットからのハットトリックは強力ですね。

体感選出率5位。

ドリュウズ/かたやぶり/A252・S252@きあいのタスキ(つのドリル/ステルスロック/じしん/アイアンヘッド):

性格はようきの最速ドリュウズです。

私のパーティに選出されやすいヒートロトムへの対策や、ミミッキュ等のフェアリーへの打点、更には最後の手段である「つのドリル」など、大活躍しています。

ステルスロックによるダイウォールに助けられたこともありました。

体感選出率2位。

 

パーティの回し方

あまり深く考えず、直感的に私はプレイングしています。

あまり深読みしすぎても、裏目に出てしまう事が多かったので…。

 

基本的に、初手でアシレーヌを選出します。

その場合、相手の初手のポケモンが…

各ロトムの場合→ほぼ確実にボルトチェンジが飛んできますので、ドリュウズへ交代します。

ドラパルトの場合→ムーンフォースで様子見をします。

ミミッキュの場合→うたかたのアリアを撃ちます。最近はみがわり・のろい・いたみわけ…など厄介な技を覚えているミミッキュが増えている印象です。

ラプラスの場合→ダイマックスを切ってしまいます。じゃくてんほけんを警戒し、ダイフェアリー2回からのダイソウゲンで落としきります。

バンギラスの場合→何を撃っても効果抜群ですが、じゃくてんほけんが怖いので、私は控えに交代してしまいます。

その他よくわからないポケモンの場合→ムーンフォースが安定です、現環境では水技の通りがあまり良くないように感じられました。

 

細かいダメージ計算などは今回は省きますが、タイプ不一致の抜群技(ラプラスのかみなり等)程度だったら、半分以下のダメージに抑えられます。( 33.8~40.4%(確定3発) )

 

…このような感じで、考えつつ対戦をしてはいるのですが、現在のところ勝率は五分五分です。

なにかいい戦法だったり、パーティメンバーの見直しなどをしたいのですが、いかんせん相談する相手がおらず…。

コメントなどでご意見頂ければ幸いでございます。

 

 

強いポケモンを使って対戦に勝つ。

コレは楽しいですね。

ですが、

好きなポケモンを使って勝つ。

コレはもっと楽しいですね!

 

今回、アシレーヌはどちらかというと強いポケモンの部類に入るとは思いますが、いつかは私が好きなポケモンであるキリキザンなどを使って、安定して勝てたらなーと思っております。

 

あまり好みではないポケモンだけど、強いポケモンだから使う。

でも使っているうちにそのポケモンがだんだん好きになっていく。

そういうのもいいですよね、とても素敵な発見だと思います。

いろいろなポケモンを使って、いろいろな発見をしていきたいですね!

 

これからも拡張パックを心待ちにしつつ、対戦やキャンプでポケモンを愛でていこうと思います。

 

以上、つたない文章ではありましたが、アシレーヌを使おうと思っている方、また現在使っている方の心になにか少しでも響いて頂ければ幸いです。

 

ポケモン記事一覧はこちらです。

ポケットモンスターソード・シールド(剣・盾)や それに付随したポケモンHOME情報の記事たちです。 新しい順に並べています。 ...
スポンサーリンク
トップへ戻る
Secured By miniOrange