【ポケモン】シンボラーの魅力を語る!【ソードシールド】

こんにちは、しゃけいあいすです。

今回は、表題にあります

シンボラー

の魅力と、ソードシールドの対戦においての使用感について語っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

シンボラーってどんなポケモン?

なんともエジプト感漂う、独特なフォルムが特徴的な「エスパー」「ひこう」の2タイプを持つポケモンです。

このシンボラー、何ポケモンかご存知でしょうか。

例えば、ピカチュウだったら「ねずみポケモン」ですし、イーブイだったら「しんかポケモン」です。

ではシンボラーは?

ずばり…

 

「とりもどきポケモン」

 

です。

 

とりもどきですよ、鳥モドキ。

…まぁ、鳥には見えませんね。でも「とりもどき」って…思わずツボってしまいました。

ふとしたきっかけでシンボラーが「とりもどきポケモン」ということを知った日以降、謎の魅力に取り憑かれてしまいました。

見た目も、こう、見続けていると…なんかキュートで愛くるしくないですか?

 

一体上と下、どちらが顔なのでしょうか…、 カレーを一緒に食べても表情を変えてくれません。

上の一眼の顔がまばたきをしているのを見たことがある気はしますが…。

▲表情が変わってませんね…、カレーも一口サイズです。どこから摂取するんでしょう?

 

さて、そんな可愛いシンボラーですが、実際にポケモンの対戦において使ってみた感想を述べてみたいと思います。

※以下では、 HP=H、こうげき=A、ぼうぎょ=B、とくこう=C、とくぼう=D、すばやさ=S などの略称を使います。

 

シンボラーの型

性格…おくびょう

特性…いろめがね

個体値 … HBCDS「さいこう」

努力値配分 … C:252 D:4 S:252

もちもの…じゃくてんほけん

技構成 … めいそう / アシストパワー / エアスラッシュ / ねっぷう

 

シンボラーは エスパー/ひこう というなんとも言えないタイプであり、

ゴースト・いわ・あく・こおり・でんき

の合計5タイプの技に効果抜群を取られてしまいます。

そこで、その弱点の多さを逆手に取り、すばやさ種族値97という決して遅くないすばやさじゃくてんほけんによる火力上昇+(トゲデマル以外に)確実に等倍で通るダイジェットによる素早さ上昇にて全抜きを狙う、言わば

ダイマックスエース運用

をしていきます。

 

性格について

今回は、上記でも述べました通り、決して遅くないすばやさを活かすため、最速…つまり「おくびょう」を選択いたします。

正直高くはない、とくこう103という数値から「ひかえめ」を選びたくなりますが、すばやさ種族値90代後半のラインは激戦区ですので、最速となる「おくびょう」を選択しました。

ちなみに、S97という数値は、直近に

サザンドラ(S98)・オノノクス(S97)・ミミッキュ(S96)・ウィンディ(S95)

と、メジャーなのがひしめく激戦区ですね。

 

特性について

シンボラーは特性が3つあります。

簡単に説明させていただきますと、

ミラクルスキン…相手の変化技の命中する確率が50%より大きい場合、命中率が50%になる。

→(現時点では)シンボラー固有の特性ですね。憎き「ねむりごな」等の変化技やちょうはつの命中率が50%となります。

…が、50%で当たってしまうので、なんとも不確実な特性です。

 

マジックガード…相手からの直接ダメージ以外を受けない。

→やけど・どくやステルスロックや天候ダメージにてダメージを受けなくなります。優秀な特性だと思います。

 

いろめがね…自分の技のタイプ相性が今一つの場合、1/2のときは通常に、1/4のときは1/2となる。

→今回チョイスした特性はこのいろめがねとなります。効果がいまひとつの場合でも、等倍でダメージが通るようになります。

かんたんに言うと、2020年4月時点では、トゲデマル以外全てのポケモンに、シンボラーのエアスラッシュ(ダイジェット)が等倍もしくは等倍以上で通ります。

今回はシンボラーをエース運用するため、この特性をチョイスしました。

 

個体値について

A落ちの5Vにて運用しています。

 

努力値について

とくこうとすばやさに全振りです。深く考えなくてすむので楽ですね!

ダイジェットを一回積む事により、最速ドラパルトを抜くことができます。

余りは適当でいいと思います。

 

もちものについて

こんかいは「じゃくてんほけん」を持たせています。

素のとくこうが107と、幾分不安を覚える数値ですので、火力の底上げ並びに後述する「アシストパワー」の効果上昇を狙っています。

…ダイマックスしていない時に抜群技をもらってしまうと、大体耐えられずに落ちてしまいますが…。

 

技構成について

めいそう(変化技)…とくこうととくぼうを1段階上げる積み技です。ですが、あんまり積む余裕は無いかもしれません…。

アシストパワー(エスパー)…素の威力は20しかありませんが、何かの能力が1段階上がるたびに、威力が20づつ上がっていきます。

例えば、じゃくてんほけんが発動すると、素の威力20に加え、こうげきが2段階・とくこうが2段階あがるので20 * 4で80、つまり最終的に威力100のエスパー技として使用することができます。

ダイマックスしてダイジェットを3回撃ち、さらにじゃくてんほけんが発動すれば、威力160のエスパー技となり、(とくこうの攻撃力上昇も伴って)非常に強力な技となります。

エアスラッシュ(ひこう)…ひこうの特殊技です。ひるみはもちろん、上記で述べたとおり、ダイジェットとしてすばやさ向上だけではなく、アシストパワーの威力上昇も見込め、大活躍致します。一石二鳥ですね。

ねっぷう(ほのお)…サブウェポンです。私のパーティはほのお技使いが少ないため、チョイスいたしました。

シンボラーはいろんなサブウェポン(例:れいとうビーム・シャドーボール・エナジーボール・ラスターカノン・マジカルシャイン等)を覚えますので、ご自分のパーティと相談してみてください。

 

運用方法

弱点技を撃ってきそうな相手と対面させ、ダイマックスをし、ひたすらダイジェット(エアスラッシュ)を撃つ。

シンプルですね。

 

ここで生きてくるのが特性「いろめがね」です。

例えば、本来であればダイジェット(ひこう技)が今ひとつなってしまうタイプ

でんき・いわ・はがね

に対し、等倍でダメージが通ります。

 

メジャーなポケモンで言うと、各ロトムやバンギラスやドリュウズに対して、思いもよらぬダメージが通ります。

特に、シンボラーは体感ではありますがロトムを呼びやすいです。

本来であれば、ロトムはダイジェットを半減で受けられますからね。

そして、ロトムということは電気技が飛んでくる…つまり、じゃくてんほけんが発動する。

とどめに、本来半減で受けられるはずのダイジェットは等倍で通る。

上記のような好循環になりますので、対ロトムにはとても強気に出れますね。

(ヒートロトムに対し、いろめがねダイジェットだと確定2発ですが、その他特性だと確定3発となります)

 

ダイマックスが終わった後も、高いすばやさと、じゃくてんほけんが発動していた場合は高威力となったアシストパワーにてでゴリ押し、発動できなかった場合はエアスラッシュにてひるみ狙いで攻勢をかける事ができます。

 

ダイジェット撃つのはトゲキッスじゃだめなの?

ダイジェットを撃つ特殊アタッカーといえば、そう、トゲキッスがいますね。

トゲキッスとの差別化は…

  • すばやさ
  • いろめがねによるダイジェット等倍

この2点に付きます。

特に、すばやさについてはミミッキュを抜いているので、大きなアドバンテージとなると思っております。

 

まとめ

あまりランクマッチにて目にすることが無いシンボラーについて、まとめさせていただきました。

今シーズン(2020/4/1~)にて上記シンボラーに加え、

  • ドリュウズ(かたやぶり)@スカーフ
  • シャンデラ(すりぬけ)@いのちのたま
  • ローブシン(こんじょう)@かえんだま
  • アシレーヌ(げきりゅう)@とつげきチョッキ
  • アーマーガア(ミラーアーマー)@たべのこし

上記のポケモンを加えたパーティでランクマッチに潜ったところ、ほぼストレートでマスターボール級に昇格できたため、記事をしたためた所存です。

(マスボ級に上がった後の戦績はかなり微妙ですが…)

自分がメジャーではないポケモンが好き(と言いつつ結構強いポケモンをパーティに入れていますが…)ですので、ちょっとマイナーなポケモンをこれからも使い、ポケモン対戦を楽しんでいきたいと思います。

マイナーなポケモンは、型が読まれにくいですし、型が読まれにくいというのは大きなアドバンテージになりますからね!

 

以上となります。

細かいダメージ計算等を載せられず申し訳ありませんが、是非皆様もシンボラー、いかがでしょうか?

可愛いですよ!

以前記載致しました、アシレーヌの記事もご参考頂ければ幸いです。

こんにちは、しゃけあいすです。 アシレーヌ、かわいいですよね。 今回は表題にもあります通り、アシレーヌについて、主にソ...
スポンサーリンク
トップへ戻る
Secured By miniOrange