【災害】ガチで災害に巻き込まれた時の話します【体験談】

みずたんですヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。こんにちは!

今回はゲームとは無関係ですが、災害に遭ったときのお話をします。

 

それは2018年9月のことでした。

数年前、私は北海道に住んでいたのですが、そこで北海道胆振東部地震(ほっかいどう・いぶりとうぶじしん)に巻き込まれてしまいました。

その時のお話と、災害に巻き込まれてしまった時困ったことや持っていて便利だったアイテムを紹介します。

 

スポンサーリンク

地震があった前の日は北海道を台風が襲っていました

北海道に台風が来るなんてめったに無い事なんです。

その日は「あ~ぁ、何事もなく台風が過ぎ去ればなぁ・・・」と思ってぼんやりといつもどおりゲームしていたのを覚えています(*_*)

台風に慣れていない北海道ですので、台風が来ると決まって電信柱が倒れたりモノが飛んできて色々壊れたりと大変な目に遭うのでした、、

その程度だと思ってたんです。

 

その日の深夜に、事は起こりました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

寝ぼけているときに揺れが来た!

▲机の下に避難しよう。。とはいうものの、寝ぼけている時では無理!!

 

避難訓練では「すぐに避難を!」とか「隠れて!」とはよくいうものの、激しい揺れと警報の音で目を覚ましました。

人間、寝ている時は完全に無防備なんです!

寝ぼけているので避難するという考えも浮かびません。

「あぁ~~眠いしスマホビービーうるさいなぁ・・・なんなんだよこれ・・・あ、揺れてる!!あれ、まさか大地震の最中!?」という感じで

徐々に自分が置かれている状況を理解していく感じでした(笑)

 

ところどころバリンバリンという破裂音が聞こえて、揺れが完全に静まってから恐る恐るリビングに近づくと食器が棚から落ちて大量に割れていました・・・。

もしも私の寝ているベッドのそばに倒れやすいものがあったら、気づいたら押しつぶされた状態だったでしょう・・・あぁ怖い、、、

 

つまり、

普段からベッドの側には倒れやすいもの・重たいものは置かないようにしましょう!

冗談抜きに死んでしまいます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

電気がいきなり消えた

ひどい揺れだったなぁと思いながらガラスの破片を片付けていた時に家の明かりがフッと消えました

我が家だけかと思って街の様子を見ると真っ暗

 

これがブラックアウトです/(^o^)\

 

スマホの充電が尽きてゆく恐怖

大地震で電気が来なくなるなんて思ってもみませんでした。

スマホ用バッテリー、もしくは車で使える充電器は持っておいたほうが良かったという反省です★

 

食事が尽きていく恐怖

停電は幸い4~5日で済んだのですが、IHだと温かい料理が食べられません。

★持っていたガスコンロがとても活躍してくれました★

 

そして物流が止まってしまったためスーパーがガラガラでした。

★お米と冷凍食品の備蓄があって助かりました(ズボラなだけともいう。)★

 

情報が入ってこない恐怖

電気がないのでテレビがつきません、スマホも基地局に電気が行っていなくて通信が跡切れ跡切れ。

★しかたなくカーナビのテレビで情報を得ることにしました★

 

自分の体がカユくなっていく恐怖

水は出たのですがお湯が沸かないのでお風呂に入れません。

▲とにかくお風呂が恋しくなります。

 

数日たったらとにかく頭がかゆくてしょうがなかったです。

★水の要らないシャンプーや体を拭けるウェットティッシュなどあると良かったかもしれません★

 

真っ暗な夜を過ごす恐怖

昼間は本を読んで時間を潰していたのですが、夜になるとそうはいきません。

何もやることがないんです!

一言でいうと暇がやってきます。

おひさまが上がったら起床して、暗くなったら寝るみたいな生活になっちゃっていました。

大好きなゲームもできなくてウズウズしていた記憶があります。

 

度重なる余震による恐怖

大きいのが1度来たあとは、震度3~4程度の地震が連発します。

あぁまた揺れた、大きい地震が来るのではないか・・・?という恐怖の中過ごすことになります・・・。

揺れすぎて、揺れていなくても揺れてるんじゃないだろうかと錯覚するほどです!!

 

★自治体から、ろうそくの火に注意してと言われていても、それでもろうそくの火は安心できるものでした・・・。★

 

信号がついていない恐怖

交通事故が多発してしまうのかなと思っていましたが、みなさん気をつけていて案外平和でした。

でもガソリンスタンドにありえないレベルでの長蛇の列ができていたので

ガソリンはあらかじめ補充しておく癖をつけておくと良いでしょう★

 

あって便利だったもののまとめ

・スマホ用バッテリー(充電済みのもの)

・車

・車で使えるスマホ用の充電器

・車用テレビ

・ガスコンロ

・お米、日持ちする食べ物

・本類

・ろうそく

・体を拭けるティッシュ・タオル類

 

もしかしたら災害はすぐそこに迫っているかもしれません。

起こってからでは遅いです。

地震が起きた日の朝5時には買い占めによる在庫切れが起こっていました。

 

よって思うように食べ物や便利グッズを入手することができなくなります。

 

こればっかりはモラルの問題なのですが、災害の時にみんななりふりなんてかまっていられないのでしょうか・・・悲しいですなぁ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

このような災害、ふたたびいつ起こるかもわからないので物流が止まるのがすごく恐ろしいです。。

 

今回の新型コロナ流行も災害のようなものだと思ったので、地震の時の怖さを改めて書き記してみました(*´ω`*)それではまた~

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る
Secured By miniOrange